很喜欢一个日本手工皮革艺人(革職人)的访谈,但日文完全不懂呀

懂日文的能来帮忙翻译不?

不需要很完整的翻译,只要大概的意思就行。

发布文章我会注明翻译者,谢谢!

...............................................................................................................................

革職人、曽田耕氏へのインタビュー 







炎が煌々と、温かな光を放つ—
 
打ちっぱなしのコンクリートの壁に高い天井
うず高く積み上げられた革材
雑多な、それでいて心地よい秩序で配置された家具やオブジェ
試行錯誤の跡が垣間見える作業台
そして、薪ストーブ
 
まるで、アニメや小説の世界で語られる「職人の作業場」そのものを目の当たりにしているようだ。 なんとなく、ジブリ映画の1シーンに迷い込んだ気分にもなる。 鉄工場として使われていた建物を自ら改装したという曽田さんの自宅兼アトリエには、不思議な空間が広がっていた。
 

 
曽田耕さんは革で靴や鞄などを作る革職人である。しかし、その作品を見ると多少なりとも驚いてしまう。 バスケット籠のようにぼこぼこと穴の開いたバックや、本来ならば捨てられてしまうはずの革の断片を継ぎ接ぎして作ったサンダルやブーツ。 そのどれもが既成概念を飛び越えた自由で柔軟な(曽田さん流に言うとアバンギャルドな)作風のもと、制作されている。 この場所で生み出される曽田さんの靴や鞄の数々 その少し風変りで、とびきり温かい魅力の根源はどこにあるのだろうか。 そのヒントは、どうやら彼自身の生い立ちの中に隠されているようだ。
 
 
『プリミティブなものづくり』

 
もともと図工好きな少年であったという。 買い与えてもらえるのは既製品のおもちゃよりもむしろ「材料」と「道具」。 そのような家庭環境の中で、何しろ作ることが好きだった。 その”好き”を更に加速させたのが、小学生時代、武蔵野美術大学の造形教育研究会との出会いである。大学生が子供たちに工作を教える教室型の美術サークルなのだが、とにかく他と違うのはその徹底された現場主義の方針であった。
「本当にやることがマニアックだったんですよ。所謂その辺でやるような工作とは違って、怪我をしてしまうような作業も平気でやらせてくれるような。とにかくワイルドなサークルでした。例えば竹で何か作るにしても、『この刃物一本で作ることに意味がある』って言って、ドリルやヤスリを使わせても らえなかったり。今思えばすごく影響を受けましたね。何をするにしても試行錯誤で、とにかくプリミティブな方法で。材料も、買うのではなく、適当なものを自分で拾って来たり、誰かから貰って来たり・・・ そういうことがものすごく楽しかったんですよね。」
 

 
曽田さんのお話の中に度々登場するこの「プリミティブ」という言葉 日本語訳には”原始的な”や”粗野な”、”素朴な”という言葉が当てられる。少々乱雑な意味合いに感じられるかもしれないが、確かに、曽田さんの作品、もっと言ってしまうと、曽田さん自身の物や人に対する姿勢を表すのにこの言葉はとてもしっくりくるのだ。
 
曽田さんに初めてお会いした日のことを思い出す。その日はインタビューの打ち合わせとしてアトリエに伺ったのだが、初対面として当然のように差し出した名刺を「名刺は結構ですよ」と突き返されてしまった。
「出会うべき人とはこちらがどうこうしなくても必ずどこかで出会い、繋がることができる。だから名刺は基本的にいらないんです。」と曽田さんは教えてくれた。飽くまで自然の流れで。無理に働きかけたり、足掻いたりはしない。そんな一期一会の出会いを大切にする姿勢は、作品に対しても同じである。
 


曽田さんの作品の中でも特徴的な、廃材を継ぎ接ぎした靴や鞄。使っている材料は他から譲り受けた皮の切れ端で、形もまばらだし、汚れがついていたりもする。
「こんな形、作為的には絶対に切り出せないし、面白いでしょ?」
曽田さんの作品は確かに現代の大量生産、大量廃棄に対して警鐘を鳴らす存在であるかもしれないが、そのメッセージが押しつけがましくないのは、曽田さん自身が何よりもまずは”楽しんで作ること”を大切にしているからだろう。
 
そもそも大量生産や大量廃棄といった社会問題に意識を向けるようになったのは、中学、高校時代。家族の影響もあって、研究者や科学者、大学関係の仕事を選択の道として歩みかけていた。しかし、そこで降りかかるゴミの廃棄や地球温暖化の問題、そしてチェルノブイリ原発事故・・・自分が進もうとしている道が全てそれらの入口に立っているように思えて、その進路は自ら閉ざした。
「人に指示されたことを、たとえ環境に悪いことであっても仕事だからと言ってやってしまうような大人を軽蔑していたんです。パンクロックが好きだったので、その影響もあったんでしょうね。大人に反発してみたり、先のことなんか考えずに今を生きるぜ、みたいなね。(笑)」
そして曽田さんが選んだのは、”確かめる”という進路だった。
 

曽田耕さんは革で靴や鞄などを作る革職人である。しかし、その作品を見ると多少なりとも驚いてしまう。バスケット籠のようにぼこぼこと穴の開いたバックや、本来ならば捨てられてしまうはずの革の断片を継ぎ接ぎして作ったサンダルやブーツ。そのどれもが既成概念を飛び越えた自由で柔軟な(曽田さん流に言うとアバンギャルドな)作風のもと、制作されている。この場所で生み出される曽田さんの靴や鞄の数々 その少し風変りで、とびきり温かい魅力の根源はどこにあるのだろうか。そのヒントは、どうやら彼自身の生い立ちの中に隠されているようだ。(partⅠより)
 
 
『”やってみる”から始まる』

 
高校を卒業してから1年後、曽田さんは靴の職業訓練学校に通い始める。それでは、この高校卒業後の空白の1年間で何をしていたのか。ここでの経験が、間違いなく今の曽田さんを形成する上でかなり重要な要素となっているだろう。
 

 
「ずっと確かめたかったことを延々と確かめていたんです。節々で”これおかしくないか?”っていう経験をしてきていたんでしょうね。分かるまで確かめて、色々理由付けして、納得したかった。」
 
そして飛び出す、トンデモナイ”実験”のエピソード。動物を自分で殺せないと思えばベジタリアンになってみたり、服はどのようにして作られるのかと疑問に思えば畑を借りて綿から自分で育ててみたり、動物の皮を剥いだことがないのに作品に革を使っていいのかと思えば野良猫の死骸を拾ってきて自分でその皮を剥いでみたり・・・思わず「そこまでやる!?」と耳を疑ってしまうが、その過程の中で、プロセスを知って、その上で自分で作れないものは使わないというポリシーを確立した。
「自分が進学しないと決めた時は、確かめたいことが多すぎて。とにかくわくわくして、もう翼が生えたような感じです。だから、不安なんていう文字は頭の片隅にもなかったですね。」
 
 
 
『お母さんのアップリケ』


 
曽田さんは作品を作る際、基本的にコンセプトを立てない。「コンセプトを立ててから作り始めるということには少なからず違和感があります。僕の場合は、デザインをしなくても”ここがこうなったらいいのに”っていう反省が起きるんですよ。だから、コンセプトを立てて作るっていうよりは、そういった構造的な不具合をどう解決していくかを考え、試し、繰り返して気が付けば仕上がっている感じですかね。」
 
その核心にあるのは、”自分は選べる立場にない”という意識だという。
「使える材料も道具も、1人で作っていますからもちろん労力だって限られている。そういった中でものづくりをすると、デザインというか、机上の仕事というか、頭の中で計算する余地はあまりなくて。日常のものづくりというか、”お母さんのアップリケ”みたいなノリだと思うんですよ。こういうものがいるな、と思って今ある材料と道具を使って作っていくと、コンセプトを立てるまでもなく出来上がってしまうんですよね。そういう風にして出来上がったものって結構構造的なものになるんですけど、それが自分の実感としては『美』なんですよね。」
必要だから、作る。理由のすぐ隣に答えがあるものづくり。それは、人間の営みとして、非常に自然な流れのように思える。極限までそぎ落として、本当に必要な要素だけを最小限の手数で取り入れる そういった日本的な、引き算の美学がそこにはあるようだ。
 
 
 
『新たな試み』

 
「ファッションもアートも嫌いで、今までは遠い存在だったんです。どちらも身勝手というか、嘘くさい印象があって。」という曽田さんの言葉は少し意外だった。
しかし、その意識も最近変化し始めているという。
「人から、あなたがやっていることはアート寄りですね、だとかファッショナブルですねと言われることが何度も重なって、それでようやく意識するようになったんだと思います。それで少し興味を持って近づいてみたら、別世界だと思っていたけれど接点があったんだ、と気付くことがあったり。だから、自分はまだそういう方面については目覚めたばかりなんですよね。」
その変化の表れとして、今まで避けてきた量産やデザインといった新たな分野にも視野を広げているという。例えば、今取り組んでいるのは”華奢な靴”というコンセプトのもとでのパンプスの制作。これまでの、どちらかというとガッシリとしたフォルムが特徴的な作品、そしてコンセプト立てしないというやり方に対して、正に新たな試みと言えるだろう。
 

 
そのような変化がありつつも、本人の核の部分は昔から全く変わっていないという。
「要は”やりたいことしかやらない”ということで、変わらないどころかむしろヒートアップしてるかもしれませんね。変わったのは世間の方じゃないかな、特に3.11の後は。今まで当たり前に思っていた”安定”のようなものに疑問を抱くようになった。それでお客さんやメディアが理解しだしてくれたり、”手作り”自体が市民権を得てきたり…そういう意味ではどんどん融通が利くようになって、やりやすくなっているように感じます。だから、以前は多少いい恰好した商品に見えるように作っていた部分もあったけれど、今となってはもう、もっとやりたいように、ひどいことやってやれって(笑) その中でメッセージを伝えることが仕事ですけど、いきなり社会全体に伝えることは難しい。きっと、直接会って話す人だとか、作品を手に取ってくれた人で精一杯だと思います。だからまずは、そういう人たちに伝わればいいな、と思っています。」
 
 
作品、ものづくり、そして人に対する曽田さんの一本筋の通った愛情 これこそが、曽田耕ブランドの魅力であろう。
 
薪ストーブが、ぱちりと音を立てた。
炎が煌々と、温かな光を放つ—

  • {{ comment.commentator.username
    绑顶,虽然我懂那么一点点日语!
    2013-09-18 10:50
  • {{ comment.commentator.username
    -。- 刚学会肯定句否定句
    2013-09-18 12:36
  • {{ comment.commentator.username
    发现日语中好多汉字。
    2013-09-18 13:55
  • {{ comment.commentator.username
    @UncleMoss 我是完全不懂,所以经常痛苦的扭来扭去~~~
    2013-09-18 16:15
  • {{ comment.commentator.username
    @moko 其实日文光看那些汉字 意思也明白不少吧。
    我可以想象你每每看到日文 然后学假名那样扭动吗
    2013-09-18 18:58
  • {{ comment.commentator.username
    日本人对待手工作品的态度很不同,他们很多人做手工感觉非常的专注
    2013-09-18 20:03
  • {{ comment.commentator.username
    @鸣蝉 嗯,日本的手工差不多介绍了一圈啦,下一步准备介绍欧洲的一些不错的手工皮革品牌啦吧
    2013-09-18 21:54
  • {{ comment.commentator.username
    @UncleMoss 和汉字的意思一样?
    2013-09-18 21:54
  • {{ comment.commentator.username
    感谢@恋上青空 帮忙翻译了第二段!

    曾田先生的作品中最具特征的废材利用的鞋和提包。使用的材料是从他切下来的皮边形状各异,有的还有些污损。“这样的形状是绝对不可能人为弄出来的,有趣吧?”曾田先生的作品虽然可能是对于现代的大量生产和废弃所敲响的警钟,但绝不是强加于此,曾田先生比任何时候都认为“快乐工作”是最重要的。最初将意识转向所谓的大量生产和废弃等社会问题,是在初,高中的时候。家人也有一定的影响,研究者和科学家,在大学相关工作选择的道路上前行。但是之后面临的垃圾废物和地球变暖的问题,然后切尔诺贝利核事故等……自己今后打算走的道路,全部都在那些入口处立着呢,那个道路是自我封闭了。“蔑视那些想被人指示说着即使环境恶劣也一样工作的大人。

    因为喜欢朋克摇滚,可能也受了他的影响。试着反抗大人,之前的什么都不考虑活到现在,就那样吧。(笑) 然后曾田先生选择的是“明确”的前途
    2013-09-18 22:02
  • {{ comment.commentator.username
    @moko 日语不太好,有翻译不太好的地方。
    文章太长了,如有有时间可以一点点翻一些,不过还需要高手指摘
    2013-09-19 11:25
  • {{ comment.commentator.username
    @moko 我一点点翻试试,你抽空整理吧,一段段发给你
    2013-09-19 13:50
  • {{ comment.commentator.username
    写真は一枚しかないか。。。
    2017-07-09 22:52
  • 阿辛

行动
  • 转载3
  • 加入清单
  • 分享到

手工客帐号登录

手工艺人和设计师的兴趣分享社区

iOS、Android 均可扫码下载 APP